平成29年度 教育目標及び学校運営の方針
高岡市立中田中学校
 
   学校教育目標  
 人間性豊かで、すぐれた創造力とたくましい実践力を身に付けた健全な生徒の育成
  ○ 真理を求める  ○ 強い心とからだ  ○ たくましい実践力  ○美しい心
 
                                                                          トップページに戻る
 本年度の重点目標   
 互いのよさを認め合い、共によりよく生きようとする生徒の育成
  [目指す生徒像]  ・相手の気持ちを考えて行動できる思いやりのある生徒
              ・進んで学習に取り組み、考えを深める生徒
              ・進んで心を込めた挨拶ができる生徒
 
 
 【学校運営の方針】
   地域のよさと教育力を生かし、教職員の創意と協働で、生徒にたくましく「生きる力」を付ける教育活動を推進する。
 





























 































 


 
① 生命と人権を守り、安心して過ごせる環境づくりに努める。
  [言語環境の整備][健康・安全指導の充実][危機管理]
 ・ 教師自身が範となり、温かい人間関係を基盤とした思いやりのある言語活動を促す。
 ・ 整理・整頓、清潔、創意ある掲示等、明るく潤いのある環境づくりに努める。
 ・ 日常的に安全点検・環境保全を実施することにより、事故を未然に防止する。

② 分かる・できる喜びと充実感が味わえる授業を推進する。
  [基礎的・基本的な内容の確実な習得][指導過程の工夫][個に応じた指導]
  [家庭学習の習慣化]
 ・ 多様な学習活動を工夫して、基礎的・基本的な内容の確実な習得を図る。
 ・ 考えを深めることができるよう、言語活動を充実させるなど指導過程を工夫する。
 ・ 生徒の実態を把握し、特別支援教育の視点を取り入れるなど、一人一人の教育的ニーズに応じた指導に努める。
 ・ 家庭での時間の過ごし方を把握し、家庭学習の習慣が定着するよう工夫する。

③ 生徒の主体性を引き出し、自己指導能力を育てる指導に努める。
  [生徒会活動の活性化][道徳の時間の指導の充実][学校行事・課外活動の充実]
 ・ 生徒会活動や学級の係活動等に、一人一人の創意を生かす場と機会をより多く取り入れ、達成感や存在感を体感させる。
 ・ 道徳の時間の指導を充実させ、学校の教育活動全体を通して道徳性を養う。
 ・ ボランティア活動の充実を図り、みんなのために尽くす心と実践力の育成に努める。
 ・ 自己理解を深め多様な能力と心を育てる場として、学校行事や課外活動の充実に努める。

④ 郷土愛の育成と開かれた学校づくりに努める。
  [地域に根ざした活動][情報発信と緊密な連携]
 ・ 「郷里の泉」を核として、地域と連携して環境教育やボランティア活動を推進するなど、地域に根ざした諸活動を充実させる。
 ・ 家庭や地域との情報交換を密にして、基本的な生活習慣や学習習慣、社会性の育成に努める。

⑤ 風通しのよい職場づくりに努め、互いの資質向上を図る研修を推進する。
  [チームでの迅速な対応][OJTの推進]
 ・ 報告・連絡・相談をスムーズに行い、チームでの迅速な対応に努める。
 ・ 日頃から自由に意見を出し合える雰囲気の中で、OJTを踏まえた研修を推進する。